30歳医師の年収事情

医師の年収は後期研修医後の30歳前後の進路によって大きく差が出てきます。
そのまま大学病院の医局に残った場合、30代の医師年収は400万円~600万円程度です。
一方、民間病院の勤務医として働く場合は30代後半には年収が1,000万円の大台に乗る可能性が高いです。
さらに、30代でも部科長など役職クラスの医師になれば、1,500万円以上も期待できます。

また、民間病院では診療科によっても年収に差があります。
例えば、外科医や麻酔科医は30代で1,000万円~1,500万円程度の年収をもらっている医師が多いです。
中には、30代で2,000万円以上年収をもらっている医師も存在します。

外科、麻酔科以外の診療科は30代医師の平均年収は600万円~800万円程度です。
30代後半で年収が1,000万円を超えるのが一般的です。

このように、お給料だけを考えると、民間の病院で働いたほうが圧倒的に年収が高いです。
ただ、スキルアップのために働きたいという医師も多いので、大学病院は相変わらず人気の職場ですね。

エージェント会社の非公開求人のほとんどが30代年収モデルよりも高い傾向

にあり、条件交渉で年収をアップしてもらえるので、転職の場合は必須でしょうね。

当サイトでは、医師の体験談をもとに、求人数や対応エリア、会社の規模、条件交渉力、サービス品質が基準以上のエージェント会社の中で年収アップ率が高いものからランキングにしました。

少しでも年収や条件の良いところに転職したい場合は、この中から2~3社に登録した方が良い求人が見つかる確率が上がります。

年収アップ率が高い医師転職エージェントランキング

それぞれのエージェント会社によって非公開求人の数や条件が異なりますし、得意分野が違うので、1社よりも2社、3社に登録した方がより条件に合う求人を選べるというわけです。



医師転職エージェントの人気ランキング


  1. 2017.02.15

    東大医師と慶応医師の年収はどちらが高い?

    東京大学医学部附属病院と慶応義塾大学病院の医師の年収を研修医初年度で比較すると、東大医学部が302万…
  2. 2017.02.15

    東大病院の医師年収事情

    東大医学部を卒業して東大病院で臨床研修医として働く医師の年収は30歳前後まで正規雇用ではなく非常勤で…
  3. 2017.02.15

    日赤病院の医師年収

    日赤病院の医師年収は日本赤十字社職員・日本赤十字社給与要綱によりますが、実際の年収は病院によって異な…